So-net無料ブログ作成

グロースプロジェクトボストンの効果を検証! 

最近抜け毛が増えてきて、薄毛になってきた気がする…
何か薄毛対策をしたいけれど、育毛商品が多すぎて何を使ったら良いのかわからない。


このような悩みをお持ちではありませんか?


もし、抜け毛の原因に直接働きかけることができる商品があればどうでしょうか?
抜け毛が無くなり、薄毛に悩むこともなくなるかと思います。


「そういう薄毛対策の商品があるなら是非購入したい!」

そう思われたのではないでしょうか?


そんなアナタにぴったりの育毛商品があります。

それが現在注目されているサプリメント「グロースプロジェクトボストン」です。

育毛サプリメント


しかし、アナタはこう思われたかもしれません、

「毛が生えると言うだけでホントは効果がないんじゃないの?」

そう思うのも無理はありません、世間には育毛商品か数多く存在し、本当に効果がある商品を手にすることが難しくなってきているから。


そこで、抜け毛の原因とグロースプロジェクトボストンの配合成分を調べることで、
本当に薄毛に対して効果があるのか検証します!!


①抜け毛の原因
毛の成長に一番大きな作用があるのは男性ホルモンのテストステロンです。
ところが、この毛の成長を促進させるはずの男性ホルモンがなぜか抜け毛を促進させてしまいます。

なぜでしょうか?

これは、テストステロンがDHT(ジヒドロテストステロン)という、毛の成長期を脱毛期に変化させてしまう男性ホルモンに変化することで起こります。

抜け毛の原因は、DHTという非常に強力な脱毛酵素によって、毛の成長期が脱毛期に変化させられるからなのです。


毛を成長させるはずのテストステロンが、DHT変化してしまうのには5α-リダクターゼという酵素が関わっています。
血中を流れて細胞内に入ったテストステロンが、生え際や頭頂部に特に多い5α-リダクターゼと結びついてDHTに変化してしまいます。

そしてDHTが毛母細胞を攻撃することによって成長期の髪の毛が脱毛期に変化してしまいます。


これが抜け毛の原因です。


②グロースプロジェクトボストンの配合成分
上記の「抜け毛の原因」からもわかるように、抜け毛を防ぐ方法は非常にシンプルです。
5α-リダクターゼの働きを抑制し、脱毛の原因であるDHTを発生させなければ良いのです。


そこで注目されたのが冒頭で紹介した「グロースプロジェクトボストン」というサプリメントです。


グロースプロジェクトボストンは20種類以上の成分が配合されています。

そのなかでも注目したいのが、

「ノコギリヤシ」
「亜鉛」

この2種類です。


ノコギリヤシはヤシ科の植物で、5α-リダクターゼの働きを抑制する作用があります。
前立腺肥大を食い止める効果もあります。

亜鉛は非常に効果的な抗アンドロゲン物質であることはあまり知られていません。
抗アンドロゲン物質は5α-リダクターゼの活動を阻害し、DHTの発生を抑えます。

以上から、グロースプロジェクトボストンが抜け毛に対して非常に効果があると言えます。


さらに、DHTの発生を抑制しながら「ヘアサイクル」を正常化させる成分であるイソフラボン、L-アルギニン、コラーゲンペプチドも配合されています。

その他に、コシのある髪を維持するための成分など、髪に良い成分だけを贅沢に配合しています。


以上の検証結果から、グロースプロジェクトボストンは薄毛に対して効果があると言えます。

>>グロースプロジェクトボストンの詳細はコチラ







nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。